>> Welcome to Public Relation | Duang Prateep Foundation | Japan   
  • ドゥアン・プラティープ幼稚園

 

ドゥアン・プラティープ幼稚園

 

 スラム地区では、保護者が昼間働きに出ていて小さな子どもたちの面倒を見る人がいない家庭や、日々の困窮な生活に追われ子どもたちを放任してしまう家庭が少なくありません。また、日々の食事もまともに取れない子どもたちが多いのです。

《スタッフの紹介》 
             

  

《主な活動内容について》

 当財団は働きに出る保護者達が子供達を安心して預けられるようにドゥアン・プラティープ幼稚園を立ち上げました。1968年に一日一バーツ学校から始まり、1978年の財団設立と共に幼稚園に発展していきました。当幼稚園では、まず子どもたちの健康管理、基本的な衛生と教育を中心として指導しています。また、当財団では「モンテッソリー教育」の教材による指導法を取り入れています。「モンテッソリー教育」は、イタリアの医者で心理学者でもあるドクター・マリア・モンテッソリー女史により知的障害者が自分の力で生きていけるように開発されたもので、各種の教材は健常者・障害者に関わらず皆が持っている五感を活かして脳機能を働かせるようになっています。この「モンテッソリー教育」による指導法の効果は高く評価され、今では50ヶ国に及んで取り入れられています。

 当財団では2005年に幼稚園代表のサナシン・ニンチャンシリー先生がプラティープ幼稚園の一室において、三歳児を対象に日常生活面の教材から始めました。一学期という期間内で園児たちが変ってきたことがはっきりと分かり、園児たちは自分で考えて 決断したり、また礼儀正しくなりました。さらに助け合うことを知り、責任感が強くなり、困難なことにも挑戦するようになってきました。こうして「モンテッソリー教育」の教材による指導法は、当幼稚園をはじめ「生き直しの学校」カンチャナブリ校、パンガー県の津波孤児センター「バーンターンナムチャイ」、地域の幼稚園においても取り入れるようになりました。子どもたちが何事も一人でできるよう、どんな環境でも社会的に乗りこえられる人格の形成を目指しています。 

 また、家族への理解を深める方法については、保護者に対するセミナーを開き、いろいろと説明をしています。問題のある子に関しては、常に教師が注意を払い、家庭訪問をして保護者とともに子どもの問題をどう解決すべきかを話し合っています。

《モンテッソリー教育教材を使用している様子》
 
 
 
                                                  

            

《在籍者の推移》

 

 

 

 

 




อ่าน 471 ส่งต่อให้เพื่อน Pintting


 
Duang Prateep Foundation | English No 34 Lock 6, Art Narong Road, Klong Toey Bangkok 10110 THAILAND Telephone:+66(0)267 14045-8, 249 3553, 249 4880
Fax:+66(0)2249 5254, 249 9500
e-mail : duangprateepf@gmail.com , dpf_found@hotmail.com http://www.dpf.or.th , http://www.facebook.com/endpforth