>> Welcome to Public Relation | Duang Prateep Foundation | Japan   
  • 「生き直しの学校」恒例の親子対面式

 

「生き直しの学校」恒例の親子対面式

親子対面式は、家族の絆を大切にすることを目的として「生き直しの学校」チュンポーン校とカンチャナブリ校の両校で実施しています。それぞれの施設は、家庭崩壊、虐待、麻薬等で心身共に深く傷ついた青年たちや子どもたちが心を癒していく場所となっています。

親子対面式では、それぞれの家族が、我が子を思い、勇気づけるために仕事を休み、時間を割いて面会に来ます。式典は、毎年「生き直しの学校」の設立に感謝の意も込めて行われ、農業活動、スポーツ面、教育面、生活面などで優れた青年たちや子どもたちを表彰して、皆の模範となっていくように激励します。今年は両校で20人の青年と子どもたちが受賞しました。

チュンポーン校は6月16日、17日の2日間、カンチャナブリ校は6月23日、24日の2日間にわたって実施され、両校で80人の保護者たちが参加しました。遠距離であるにもかかわらず、待ち望んでいた我が子と対面することを楽しみにして来たためか、疲れも見せずに笑みを浮かべ、会話も弾んでいました。保護者のいない子たちには、財団職員が代わって励ましました。

現在、チュンポーン校には15歳から30歳までの青年40人、カンチャナブリ校には5歳から20歳までの子どもたち50人が入所し、それぞれの年齢に応じて就学したり、職業指導を受けています。当財団では、両校の青年たちと子どもたちが、将来に向けて自立していかれるよう願っています。

 

                                



อ่าน 111 ส่งต่อให้เพื่อน Pintting


 日・タイ被災者救援プロジェクト 『HeART for Hope』絵画展を開催
日・タイ被災者救援プロジェクト 『HeART for Hope』絵画展を開催
去る3月10日、11日の2日間、当財団をはじめVOICE TV、華僑大学、タイ・日留学生協会、シーカーアジア財団、バーンターンナムチャイ財団、シャンティ国際ボランティア会の団体が共催し、日・タイの津波被災者とタイの洪水被害に遭った人たちを激励する活動として『HeART for Hope』絵画展を東日本大震災1周年の事業として行いました。8ヶ国のアーティストたちからは161点の作品、子どもたちからは60点と、バラエティに富んだ絵画が寄せられました。
 
Duang Prateep Foundation | English No 34 Lock 6, Art Narong Road, Klong Toey Bangkok 10110 THAILAND Telephone:+66(0)267 14045-8, 249 3553, 249 4880
Fax:+66(0)2249 5254, 249 9500
e-mail : duangprateepf@gmail.com , dpf_found@hotmail.com http://www.dpf.or.th , http://www.facebook.com/endpforth